« 富山マラソン2019・10月26日コース下見バスツアー | トップページ | 富山マラソン2019・10月28日また来ます富山 »

2019年10月30日 (水)

富山マラソン2019・10月27日28.6キロでリタイア宣言

午前4時30分の目覚まし時計で起きました。

よく眠れました。

前日にセブンイレブンで買ったおにぎりで朝食。

広貫堂の栄養ドリンクもいただきました。

YouTubeでラジオ体操と、動的ストレッチをしました。

ホテルで、トイレに3回行きました。

フロントに貴重品を預け、午前5時30分過ぎに、

ホテルを出発し、地鉄ゴールデンボウルに向かいました。

スタート会場までの直通バスに乗り、

午前6時発でしたが、10分ほど早く出発。

スタート会場に着いて、Kグループの集合場所を確認し、

東洋通信スポーツセンターへ。

体育館の隅に行き、上着上下を脱ぎ、

走る準備完了。

横になり、ヨガのポーズでストレッチ。

今日4回目のトイレは和式でしたが、

中腰ではなく、完全にしゃがみ込むことが出来ました。

何年ぶりかなので感動しました。

荷物を該当のトラックに預け、

高岡文化ホールへ。

2階のソファーで一休みし、

今日5回目のトイレへ。

今度は洋式のウォシュレットでした。

トイレ問題もクリアしまし。

体調も、脚も問題なしです。

午前8時40分までに整列しなければなりませんが、

kグループは最後尾です。

エネモチは、午前8時頃と午前9時前に食べました。

最後のエネモチは、午前10時頃に食べます。

午前9時に号砲が鳴りました。

Img_20191027_091059

そして、私がスタートラインを通過したのは、

午前9時12分頃です。

1キロのペース6分台でスタートし、

勢いをつけたかったのですが、

道幅が狭く、真釜か前に行けません。

動き出したかと思ったら、2キロ過ぎで、泊まりました。

前の方のランナーが高岡大仏をみているようです。

8.1キロの給水所輪越えた辺りで、前が開けてきました。

しかし、ゆっくりのペースが体に馴染んでしまい、

スピードが上がりません。

17.9キロの給食所では、ますすじが当たりました。

白エビ天むすは、作り置きが出来ないとのことで、

たまたまありませんでした。

いよいよ、新湊大橋です。

私は、未来大RUNで上りの練習をしていたので、

走りましたが、ほとんどのランナーが歩いていました。

中間点で午前11時30分を目標にしていましたが、

午後0時3分頃の通過になり、落胆しました。

新湊大橋の上りでは、沢山のランナーを追い越しましたが、

下りでは沢山のランナーに追い越されました。

そして、雨が降ってきました。

それとも雨の中に、私たちが突入したのか。

朝、ホテルを出てくる前に、

高岡市、射水市、富山市の天気予報を、

スマホで確認したときには、曇りの中を走れそうでした。

スタート地点のアナウンスも、今日は曇りとのことでした。

GPSボイスコーチは、帽子のつばの裏につけ直しましたが、

濡れてしまい、音声が小さくなりました。

Img_20191024_151843_20191030150701

五稜郭タワーのゆるキャラGO太くんのキーホルダーを、

大勢の応援者の中から、一人だけに渡すという目標がありました。

通り過ぎてから、あの人に渡せば良かったと、何回か思いましたが、

引き返すわけにはいきません。

23キロ手前で、大きな声で応援している一人の高齢男性がいました。

私にも声をかけてくれたので、

「凾館のお土産です。」と渡すと、

「おおー。」と喜んでくれました。

私は、函館市役所から報酬をもらっていませんが、

時節柄、「#PR」を着けておきます。

その男性が家族や友人に、凾館をアピールしてもらえたらいいな。

ひとつ目標を達成したので、モチベーションが下がったところへ、

道路に水たまりが・・・。

水たまりに入ったり、前のランナーの後に付き、水たまりを避けたり。

そうこうしているうちに、25.4キロの給水所に着きました。

水やオレンジや梅保持をいただきました。

さあ、走ろうと思ったのですが、脚に力が入りません。

給水所・給食所以外では歩かないと決めていました。

歩くようなら、立ち止まり、道路の端に横になり、

シューズを脱いで、靴紐を結び直す1分程度の休憩をとるつもりでしたが、

雨が降っていたのでやめました。

27キロ手前で折り返し、28キロを過ぎたくらいで、

スタッフに、リタイアしたいと告げました。

28.6キロ地点まで行くと救護所があるので、

そこまで行ってくださいとのこと。

28.6キロ地点で、救護スタッフに、

「リタイアします。」と宣言し、

テントに入れてもらいました。

毛布の在庫が無く、大きなアルミホイルを巻いてもらいました。

男性スタッフが脈をとってくれたときに、

隣にいた女性スタッフが「低体温症かも」と言っていました。

私は、口だけは元気で「北海道から来たのに(低体温症)?」と答えましたが、

両足と手が震えていました。

GPSボイスコーチの計測を終了しましたが、

雨に濡れたせいか、500メートルも誤差がありました。

Photo_20191030153401

実際は、28.6キロで、

タイムは、4時間23分42秒でした。

スタートロス12分を足すと、午後1時35分過ぎだったのでしょうか。

残り2時間25分ありました。

距離は14キロを切っています。

1キロ10分では歩けませんので、

完走は無理でした。

結果的には、ここで、リタイアして良かったと思っています。

これからも走り続けたいので、

怪我をしなくて良かったです。

Photo_20191030162101

最終ランナーの後ろの収容バスに乗り、

31.4キロの第7収容関門でバスを乗り換えました。

私が乗ったのは、5台くらい並んでいた、

最後のバスでした。

バスはなかなか出発しません。

残り11キロ程度なのだから、

ショートカットしたら、10分くらいで、

富山市総合体育館に着くのになあと考えていました。

かなりの時間が経過してから、バスが出発しましたが、

7時間の制限時間を越えた、午後4時過ぎに体育館に着きました。

無理をしても歩いた方が良かったのかな。

富山市総合体育館でもつを受け取り、着替えを済ませると、

昨日、ここでお会いした高齢のご夫妻に会いました。

私はリタイアしたことを告げると、

男性は完走したと答えていました。

地元のご夫妻でした。いつまでもお元気で・・・。

脚を引きずりながら、帰ろうとすると、足湯がありました。

Img_20191027_164111

私が最後のお客さんになりました。

脚が温まって良かったです。

Img_20191028_220102

富山湾の海洋深層水を使った足湯のようです。

ほとんどの出店が終わっていましたが、

焼きそば屋さんが開いていたので、

ソースやそばを食べました。

Img_20191027_164114

足を引きずりながら富山駅を経由して、

ホテルにたどり着きました。

今日は、満天の湯富山店に行く予定でしたが、

ホテルから出る気にならず、

ユニットバスにお湯を張り、入りました。

Img_20191027_181010

ホテル2階の海鮮ダイニング美蔵で夕食です。

Img_20191027_184955

ホテルにチェックインするときに、

ビールの無料券をもらったので、

1杯だけ飲みました。

いつもなら、ノンアルコールビールですが、

今日は、やけ酒か・・・。

海鮮のっけ寿司、シラスのペペロンチーノ、

そして、大きなお椀に入った、あさりたっぷりの味噌汁。

とても美味しかったです。

47都道府県のマラソン大会に出場し、

1つ以上完走することを目標に掲げているので、

富山県には、もう一度来ないと行けません。

お金はかかるが、今回はリタイアして正解と言うことで・・・。

そんなことを考えながら、就寝。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

« 富山マラソン2019・10月26日コース下見バスツアー | トップページ | 富山マラソン2019・10月28日また来ます富山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富山マラソン2019・10月26日コース下見バスツアー | トップページ | 富山マラソン2019・10月28日また来ます富山 »

にほんブログ村プロフィール

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場

  • 楽天市場
無料ブログはココログ