« 東北・みやぎ復興マラソン2018・10月13日 | トップページ | 東北・みやぎ復興マラソン2018・伊達政宗とアンパンマン »

2018年10月16日 (火)

東北・みやぎ復興マラソン2018・フルは、5時間53分21秒で完走しました

Photo

60歳になってから、フルマラソンに挑戦し、

完走2回、途中リタイヤ2回でした。

今回の東北・みやぎ復興マラソン2018は、

グロスタイムで、5時間53分21秒で完走しました。

これで3勝2敗です。

10月14日

午前5時に起きて、顔を洗い、

仙台放送で、東北・みやぎ復興マラソンの番組を観ながら、

前日、コンビニで買ったおにぎりやバナナで朝食です。

トイレに行きましたが、便秘でした。

5月のいわて奥州きらめきマラソンの時は、

スタートしてから3回も仮設トイレに行きました。

制限時間が7時間だったので、

なんとか完走しましたが、

今回の制限時間は6時間です。

走っている最中に、トイレに行ったら、

完走できません。

会場に早く行って、トイレに行こう。

午前7時14分の臨時便で、名取駅へ。

そこから、無料シャトルバスに乗りました。

会場には、午前8時過ぎに着きました。

スタートまで2時間あります。

更衣室で着替えをしなくても良いようにしてきました。

草むらで、上着とズボンを脱ぎ、リュックに詰め、

荷物預かり所に持って行きました。

Img_20181014_082400

丘の上から、会場をぐるっと見ると、

とても広いです。

フルマラソンの参加者は、1万人です。

トイレに並んでいる内に、もよおす可能性があるので、

列に並び、順番を待っていると、

男性用小便器だけの仮設トイレでした。

大便器の列に並び直し、手や足のストレッチをしました。

午前9時30分近くに、

ようやく自分の番になりました。

おかげさまで、出ました。

スタート前にすっきりしました。

第4ウエーブのMの集合場所に行き、

ラジオ体操をしました。

順番が間違っていたり、飛ばしたりしました。

アップをする時間はありません。

午前10時5分、第4ウエーブの号砲が鳴りました。

あわてて、GPSボイスコーチの計測開始のボタンを押しました。

あとで分かりましたが、号砲が鳴ってから、

スタートラインを越えるまで、ちょうど2分でした。

足は重かったのですが、最初は歩きで、

少しずつ、スピードが上がってきたので、

周りのランナーについて行けました。

第1給水所は2キロ地点にありましたが、

仮設トイレは長打の列でした。

スタート前に出てほっとしました。

サザエさん一家の仮装をした一団について行きました。

Photo_2

Photo_3

高低差で、一番高いところは、亘理大橋付近です。

上り坂は無理をしないように、

下り坂は、小股でつま先から着地するように走りました。

19カ所の給水所がありましたが、

ほとんどのところで水かスポーツドリンクをいただきました。

給食が無くなっているところもありました。

1キロ8分以内、5キロ40分以内で走るつもりでしたが、

28.5キロ付近で歩いてしまいました。

止まってストレッチをするつもりでしたが、

16キロくらい歩いてしまいました。

30キロの手前で、応援している人たちが、

「たい平さんだ。」と言っています。

私の後ろに、林家たい平さんがいたのです。

歩いている私を抜いていきました。

このTシャツの後ろ姿に見覚えがあります。

何度か抜かされていました。

給水所で、たい平さんだと分かり応対していたのでしょう。

応対のあとで、私を抜いていたのでしょう。

30キロ地点で4時間でした。

残り12キロを120分で歩けません。

走るしかありません。

走り始めると、ランニングシューズの紐が、

緩んでいることに気づきました。

1分ほど地べたに座り込んで、

紐を結び直しました。

それが良かったのか、

5キロ40分ペースで走れています。

ガードレールにつかまり、

ストレッチをしているランナーが沢山いました。

31キロ地点付近で、たい平さんを追い抜きました。

「頑張ってください。」と小声で告げました。

前半は、沿道の応援に応えたり、ハイタッチしましたが、

終盤は、制限時間内の完走を目指して、

一所懸命になりました。

1キロ10分のペースに落ちましたが、

ファテングポーズをとり、歩かず走りました。

グロスタイム5時間53分21秒、

ネットタイム5時間51分21秒で完走できました。

Photo_4

1キロ8分以内、5キロ40分以内のペースを維持できませんでしたが、6時間以内では完走できると自信がつきました。

スタート前にトイレに行けて良かったです。

高低差が少なかったからか、耳は痛くなりませんでした。

何より、ずうっと曇り空で、マラソン日和でした。

むしろ寒いくらいで、腕が硬くなっていました。

Img_20181015_182341

ゴールすると、スタッフが、

フィニッシャーズタオルを首にかけてくれました。

ボーイスカウトの少年が、

雄勝石のメダルを首にかけてくれました。

少年から握手を求められ、握りましたが、

強く握ってしまい、手が痛そうでした。

大丈夫だったかな。

ミネラルウオーターをいただき、早速、飲みました。

おにぎりと揚げパンは、ホテルに帰ってからいただきました。

お米などもいただきました。

完走証をもらい、荷物を受け取り、着替えをして、

セントラルスポーツの無料ストレッチをしてもらいました。

残念ながら、午後5時を過ぎてしまったので、

復興マルシェ2018には、行けませんでした。

不測の事態に備えて、

携帯電話と小銭を持って走るように指示されていたので、

ウエストポーチに入れて走りましたが、

写真を撮影する余裕はありませんでした。

一部のエイドは品切れでしたが、

ほとんどのエイドを食べることが出来ました。

ありがとうございました。

足を引きずりながら、無料シャトルバス乗り場まで歩きました。

20分以上かかって、バスに乗車。

岩沼駅で汽車に乗り換え、仙台駅まで。

午後6時30分頃、9時間ぶりにトイレに行きました。

水分を沢山飲みましたが、全部、汗になったのでしょうか。

Img_20181014_190126

夕食は、エスパル仙台地下1階の味の牛たん喜助にします。

Img_20181014_191358

先ずは、水分補給にオレンジジュース。

ホテルにたどり着けないと困るので、

ノンアルコールビール。

Img_20181014_192454

そして、仙台名物の牛タン焼き定食を美味しくいただきました。

午後8時からの「西郷どん」にぎりぎり間に合いました。

午後9時からは、「下町ロケット」を観て、

お風呂に入り脚を癒やし、ベッドに潜り込みました。

フルマラソンを6時間以内で完走できる体力があると分かりました。

大会スタッフの皆さん、ボランティアの皆さん、

沿道で応援してくださった皆さん、

そして、ランナーの皆さん、ありがとうございました。


にほんブログ村

« 東北・みやぎ復興マラソン2018・10月13日 | トップページ | 東北・みやぎ復興マラソン2018・伊達政宗とアンパンマン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東北・みやぎ復興マラソン2018・10月13日 | トップページ | 東北・みやぎ復興マラソン2018・伊達政宗とアンパンマン »

にほんブログ村プロフィール

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

北海道新聞

楽天市場

  • 楽天市場
無料ブログはココログ