« ダテパー検定2010(平成22年3月5日) | トップページ | ホームページ公開(平成20年1月25日) »

2011年11月13日 (日)

伝承(平成20年02月11日)

函館市民会館で行われた催し2つに行ってきました。
ひとつは、大ホールで行われた「民謡人生65周年 佐々木基晴 想い出の民謡語り」で午前11時から始まりました。
佐々木基晴先生は、大正15年生まれで湯の川出身。全国に民謡のお弟子さんが大勢いることが分かりました。
もう一つは、午後2時から大会議室で行われた「2008縄文フォーラム」で、その中の、北海道大学観光学高等研究センター長である石森秀三先生の基調講演「文化遺産を活用した地域づくりと観光振興」を受講しました。
函館は、これからも観光で生きていくことになりそうです。
南茅部地区に、函館市縄文文化交流センターができるそうです。
午後3時過ぎから、再び大ホールの民謡を聴きましたが、「お開き」は午後5時30分過ぎでした。
「民謡」と「縄文文化」、何かつながりがありそうな気がします。「伝承」?
どちらの催しもほぼ満席でしたが、若年層がほとんどいませんでした。今後、うまく伝わっていくのでしょうか。

何人かの歌い手が「道南口説節」を歌っていました。

道 南 口 説 節

オイヤーアーサーエー

オイヤー私やこの地の荒浜育ち
      声の悪いのは親ゆずりだヨー
      節の悪いのは師匠ないゆえに
      一ツ唄いましょはばかり乍ら

オイヤー上で言うなら矢越の岬よ
      下で言うなら恵山のお山
      昇り一里で下りも一里
      恵山お山の権現様よ

オイヤー着いたところは湯の川村よ
      さても恐し鮫川ござる
      お前砂盛私しや高盛よ
      ついに見えたよ函館の街

今夜の泊まりは新川茶屋でとまるサーエー

« ダテパー検定2010(平成22年3月5日) | トップページ | ホームページ公開(平成20年1月25日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダテパー検定2010(平成22年3月5日) | トップページ | ホームページ公開(平成20年1月25日) »

にほんブログ村プロフィール

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場

  • 楽天市場
無料ブログはココログ